空につながるための家

絵を飾る

お願いしていた版画が完成したと連絡をいただく。
実は、まっさらの家が恐ろしいほど真新しく、釘一本、鋲一個打てないでいた。
だからなんだか、今でも人様の家に住まわせてもらってる、みたいな感覚が続いていた。

完成した絵を携えて、設計事務所の皆さん、引渡し後初めて我が家にいらっしゃった。



まずはリビング、姉が選んでくれた記念すべき一枚、
f0064818_1425557.jpg



あら、こんなとこにもあるじゃない、と壁に立てかけていたポスターも次々と容赦なく飾っていっていただく。

f0064818_14285192.jpg



キッチン脇にも。20年前テイトで購入したボロボロだけど思い入れだけはたっぷりあるホックニーのポスター。

f0064818_14424277.jpg



階段の踊り場も

f0064818_14432212.jpg



玄関も。キュートなジーンズで、おっしゃっ!と元気に出かけられそう

f0064818_14441062.jpg



実は一番気に入っている靴の版画。本当にかっこいいです。
ベッドルームのクローゼットの脇にあるので、こんなかっこいい女性になりたいという気持ちを忘れずに身支度をし、眠りにつけるかと(笑)。

f0064818_14442751.jpg

<< 犬が来た 眠れぬ夜続く >>