空につながるための家

寒がり

f0064818_10572945.jpg

# by soraie | 2015-12-01 10:53 | 生き物

カウチンベスト完成

f0064818_21374334.jpg

# by soraie | 2015-11-28 21:56 | モノ

一遍聖絵@遊行寺

f0064818_21370455.jpg

f0064818_21371654.jpg

f0064818_21372679.jpg

f0064818_21373587.jpg
このあと、帰途道に迷って随分遠回りしてしまった。どこを走っているのかわからないから、もう二度と来れないんだろうなと思いながら、狐に化かされたみたいに、畑の中の道や、昭和の面影が色濃く残る町を走った。

そうなんです!

f0064818_21365418.jpg
トリーとスタバに行ったら、ほめていただいた。ありがとうございます。
そうなんです、トリーはおもしろくて楽しくて、この子といると本当に毎日幸せなんです。

# by soraie | 2015-11-27 21:41 | 生き物

芹が谷公園

トリーと芹が谷公園へ。
f0064818_21355764.jpg


f0064818_21360637.jpg
私「秋だねえ」
トリー「秋って食べられるの?」

f0064818_21361804.jpg


f0064818_21362700.jpg


f0064818_21363679.jpg


f0064818_21364741.jpg
ベンチに座って、クラリネットの練習をしばらく聞いて。モミジの紅葉はあまり見られなかったけれど、芹が谷公園って起伏と変化に富んでいて、歩いていて楽しいよね。


ラビータエベラ

前に働いていた職場で出会ったご夫妻、ブラジルに帰国されて、もうご高齢で、にっこり笑ってまた会いましょうってお別れしたけれど、もうお会いできないんだろうと思っていた。
私は奥様にかわいがっていただいたのだが、本当に聡明で、偉い人からメイドさんまでみーんなに変わらずおやさしくて、誠実で、かわいらしくて、お料理上手で....私の憧れの女性で、お別れするときは悲しくて。。
でも、来日するってご連絡をいただいて、お昼をご一緒した。
こんなことってあるんだなあ。うれしいなあ。

f0064818_20404353.jpg
お忙しかった現役生活の後でのあちらでのゆったりとした暮らし、日本でのたくさんのご友人との再会、世界でご活躍されているお子様達の近況...ご主人がしみじみと、ラビータエベラ...って繰り返された。
??とぽかんとしていると、奥様が、「人生は美しい」ですよって教えてくださった。
ああ、イタリア映画でありましたねって言ったら、soraieさんは、どんな話題を投げてもちゃんと返ってくるね、よく学んできたねって、そんな風にほめてくださって、子供のようにうれしかった。
最後に、あの懐かしいハグをいっぱいしてくださってまたお別れした。
人生は何があるかわかりませんから、またお会いできるかもしれませんねって、いたずらっぽく笑われていた。

ラビータエベラ、ラビータエベラ...人生が無意味に思えたとき、自分が情けなく無価値に思えたとき、おまじないに唱えよう。

また掘ってるし!!

あーあ...
f0064818_20401610.jpg
ひどい...
f0064818_20402007.jpg
ひどすぎる...
f0064818_20403551.jpg
いつもいつもいつも...
f0064818_20403064.jpg


# by soraie | 2015-11-09 21:32 | 生き物

寺家ふるさと村の秋

秋も深まってきたね。
f0064818_20392075.jpg

f0064818_20391251.jpg

f0064818_20392870.jpg

いつものカフェで一休みして帰ろう。
f0064818_20400982.jpg

寺家ふるさと村

f0064818_21273676.jpg
窓から見える景色はもうすっかり秋!

伊豆高原は犬連れ天国

秋休みに入っても追い立てられてる。ずーっと仕事の準備ばかりしている。こんなに時間とエネルギーを注いでいるのに、ちっともよくなっている実感がない。成果、答えってなかなかすぐには得られないものなんだ。

で、発作的に犬と伊豆へ。
伊豆スカイライン、料金所で高っ!と思ったけれど、右も左も大空のこの景色、まさにスカイラインだ。富士山、海、ススキの原...悶々とした気持ちがほどけてくる。
ここ、本当に日本?アイルランドとかみたい。

f0064818_18430061.jpg


f0064818_18430788.jpg

40年ぶりに伊豆シャボテン公園へ。
今はサボテンに加え、犬O.K.の動物園のようになっていて、ほとんどの動物が餌を与えたり、触ったりできて、犬も私もテンションあがりまくり、お財布の紐ゆるみまくり。
ラマに人参やったり、バクの赤ちゃん見たり、クジャクが集団でついてきたり。犬、もうびっくりしどおし。
f0064818_18433351.jpg


f0064818_18432076.jpg


f0064818_18431456.jpg

ドッグペンションは、素敵なオーナーさんご夫妻が営まれるなんとも気持ちの良い宿だった。
往時にはシブがき隊の映画の舞台になったという建物は、いい感じにペンキが剥げて、苔むして、いい風情。ボサボサっとハーブや草花が植えられた庭や鬱蒼と緑の濃い別荘地の木々がまたいい風情。
お隣さんからいただいたのよー、と、岐阜の栗で作った手作り栗きんとんをいただきながら、野良の子猫がくつろいでいるのを眺めながら、テラスでお茶を飲む幸せ。
f0064818_19272834.jpg



f0064818_19213900.jpg



f0064818_19215480.jpg


家庭的ないいところだーと思ったが、とんでもない。
食事が味もサービスも全くプロの技と心!いいレストランで税サ払っていただくコース料理だった。
客は私一人なのに、お二人にシェフとお給仕の正装をしていただき、足元にトリーを従えて、前菜からデザートまで堪能。つけあわせの数切れのポテトもほくほくカリカリ、ほんのふた口ほどいただいたご飯も、つやつやの新米炊き立てで、本当、申し訳ない。
(犬は脱衣所まで一緒に行ける)温泉に入って、ゆっくり文庫本読んで、うとうとして、犬と一緒のベッドで朝までぐっすり就寝。
f0064818_19214598.jpg
私の服を枕にするの、本当に好きだよね。。


朝は、海までお散歩して、完璧な朝食をいただいて、また温泉に入って。
f0064818_19254203.jpg


f0064818_19272040.jpg


f0064818_19270455.jpg


f0064818_19265660.jpg


f0064818_19271090.jpg
偶然ネットで読んだのだが、奥様は乳がんでステージ3を宣告されたあと、あそこに移られてペンションを始められたとか。
ずーっとご夫婦揃ってお元気で、あの笑顔で、ペンションを続けられてほしい。

チェックアウトして城ヶ崎海岸を散歩。
伊豆高原周辺は、犬O.K.の施設が多いだけじゃなく、すれ違う人もみな犬に寛容。
ここ、40年前も家族で歩いたなあ。
f0064818_19274010.jpg


f0064818_19275522.jpg



f0064818_19280486.jpg


f0064818_19282534.jpg
2時間半くらいで帰宅。別世界だったなあ。
季節を変えてまた行きたいな。晩秋、新緑、桜の季節。