空につながるための家

<   2015年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

寺家ふるさと村へ

いつものブルードアコーヒーでひとやすみ。
f0064818_17222045.jpg

さあ、もうひと歩き!今日は山を行こうか?お寺に行こうか?川を歩こうか?
f0064818_17221630.jpg


物語絵@出光美術館

郊外に越してから、気がつけば東京がずいぶん遠くなってしまった。
私、よく通勤してたなあ。というか、夫はよく毎日通勤してるなあ。
で、月イチの用事@東京のついでに、案内いただいた個展を見に、銀座のギャラリーへ。
銀座の街って、なんでこういつも、神社みたいな清々しい空気があるんだろう。
奥野ビル、知らなかった。往時の食糧ビルみたいななんとも不思議な場所。
明智小五郎がやってきそうな。古めかしいエレベーター、なぜかいろんなところに階段が。小部屋のひとつひとつが、ギャラリーだとか、ショップだとか、なんたら研究所だとか、個人の住居として使われていて、学園祭みたい。

原毛から紡いで染めて織った、信じられないほど軽くて柔らかいショールや、なんとも美しい発色の風合いのあるフエルトのバッグを拝見して、うっとり。
作家の方とお話をしていたら、紡ぎや織りってそんなに難しくないですよ、いつでも教えますよ、って。
なんかまた世界が広がりそう。無理かな。疲れちゃうかな。やってみたいな。

ギャラリーを出たら、用事までまだ2時間くらいある。
よし、駆け足で出光美術館だ!
銀座~日比谷まで、独特の晴れがましい&清々しい空気を楽しみながら歩く。


「物語絵」俵屋宗達の源氏物語、かわいい。指人形みたいな小さな源氏やお姫様にちょこちょこっと目鼻がついて、なんとも品があって。さすが王朝の世界…と思ってたら、ドロドロ,ベタベタしてなんともいえず汚らしい下品な屏風があって、見とれてしまう。お金をかけてつくって大事にしてきたから今も残っているんだろうに、なんでこんなに下卑てるんだろう。なんの目的で作ったんだろう。不思議!

西行が天竜川の渡し船で乱暴な武士に「(乗員数が多すぎるので)降りろ」と頭を叩かれ、血を流して我慢している絵(西行物語絵巻?)、下を向いて、ぐっと耐えている表情がなんともかわいらしい。おいたわしいや、と泣いている僧侶、赤ちゃんを抱えた若いお母さん、その乳母なのか、下級の女性、商人、生き生きとした群衆は、遠江の人達、私の祖先だったりするんだろうか。

福富草紙絵巻、着衣のまま下痢便を大量にし、打ち据えられて血だらけで、下半身を汚したまま泣きながら杖をついて歩く姿、それを子供に嗤われて、あんなにみじめなことってあるだろうか。
ちょっと前にテレビで、元女優が借金を背負わされて町工場で働いて、辛くて、娘と心中しようと思った、と話していたが、福富草紙絵巻の人を見て、まだまだ幸せだと思ってほしい。

伊勢物語のブルーが美しいなあとうっとりしていると、後ろに展示されている焼き物がトルコ石のような同じブルーだったり、宇治拾遺物語の矢の名人(変人)を描いた場面の後ろに、素朴かつ単純な矢の絵がかかれた茶碗が展示されてたり、平家物語の合戦図の後ろに鎌倉時代の太刀がすっと静かにたたずんでいたり。
展示が面白いなあ。楽しんでね、と、館から歓迎されてるみたい。

展示室を出たら、皇居の側のガラス張りの景色がわっと目に飛び込んできて、それも見事な屏風みたいだった。左の中景の高層ビルの縦横の線、下を見下ろすと豆粒のような群衆、なるほど、銀座に降りたときから感じてきた清々しい空気を発する中心は皇居だったか。満足げに座って、その景色を眺めている人達も幸せな作品の一部みたい。

また行きたいなあ。幸せだなあ。うれしいなあ。


新治市民の森

新治市民の森の入り口のロウバイが、いい香りを漂わせて、ああ、またこの季節が来たんだなあと知らせてくれる。

f0064818_17214473.jpg


なんでもないけれど、里山、谷戸の美しい景色が続く。
f0064818_17213971.jpg

うわあ!霜が立ってる。寒いはずだね。
f0064818_17213691.jpg


f0064818_17213273.jpg
一本橋めだか広場。

f0064818_17212898.jpg
川上から枝を流して、川下まで追うという遊びをしたのだが、

f0064818_17212461.jpg
橋の下を通るということが今ひとつ理解できないようだった。


f0064818_17212142.jpg
ふーゆのおーがーわーも さらさらいーくーよー
春になったらまた水遊びしようね。








横浜



f0064818_17211297.jpg


f0064818_17210982.jpg


トリーと鎌倉詣で


わー、富士山だ!
f0064818_17194356.jpg


トリー、見た?富士山だよ!
f0064818_17194757.jpg


私の冬の鎌倉が好きな理由のひとつは、空が澄んでいて富士山がくっきり見えることだ。
f0064818_17195221.jpg

いつもの七里ガ浜をお散歩。
f0064818_17195698.jpg



f0064818_17195956.jpg



f0064818_17200517.jpg



f0064818_17200943.jpg



f0064818_17201204.jpg



f0064818_17201843.jpg


f0064818_17202292.jpg


ダブルドアでご飯をいただいて、
f0064818_17202659.jpg


f0064818_17203123.jpg


f0064818_17203421.jpg


極楽寺まで歩いて、
f0064818_17203864.jpg



f0064818_17204344.jpg


極楽寺駅で記念写真。テレビドラマの舞台になったりしたところなんだってよ。
私がキョンキョンでお前が中井貴一さんか...お互い違うねえ。
f0064818_17204629.jpg

このあと、由比ヶ浜の松原庵カフェでお茶したけれど、お前は妙に落ち着かなかったね。
オスワリかけてるのに、何度も立ち上がってしまって。砂利が痛かったの?
私は好きな場所だったんだけど。

f0064818_17204981.jpg

七里ガ浜に戻ったら、
f0064818_17205526.jpg

もう日が傾きかけていたね。
f0064818_17205859.jpg

お前と一緒の影を見ると、いつもうれしいよ。当たり前だけど、影も一緒なんだって。
f0064818_17210158.jpg




















極楽寺@西八朔町


公園があると、すぐ「座りましょうよ、ちょっと座って休みましょうよ」というトリー。
私がベンチに座ると、さっといい顔でオスワリ。おやつが出る気配がないと、もっとかしこまったいい顔してフセ。
それでもおやつが出ないと、さらにいい顔して、座り直して...おもしろくて、ついおやつをあげるのを忘れたふりしてしまう。

f0064818_17193708.jpg



極楽寺。以前スリランカの人から聞いた、お釈迦様が悟りを開いた菩提樹のわけ木、そのわけ木をこのお寺で発見。
いつか行きたいと思っていたけれど、こんなに近くにあったなんて!
季節が変わったらまた伺って、ありがたい落ち葉をいただこう。
f0064818_17192983.jpg


f0064818_17192426.jpg


境内には趣ある石仏がいっぱい。
足裏のツボに効く、ぼこぼこした道とかも。
f0064818_17191190.jpg


f0064818_17190512.jpg
また来ようね。





by soraie | 2015-01-12 18:00

森へ行こう

田んぼもすっかり冬の風情だね。

f0064818_17185084.jpg


トリー、引っ張ってくれてありがとう。
私はすぐ息があがっちゃってだめだね。
f0064818_17185382.jpg


ここを抜けたら広場でお水を飲もうね。
f0064818_17185788.jpg


f0064818_17190014.jpg