空につながるための家

<   2012年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ドッグカフェ

f0064818_22094089.jpg
ここのカフェは、いつもお散歩のメインイベントだよね。


富士山!

富士川から見る富士山、大きいなあ!
f0064818_22051228.jpg

スロージューサー

先日のBill'sのジュースがすごくおいしくて、うちで作ったら安上がりでいいんじゃね?と、スロージューサー購入。
ただの人参が、甘っ!おいしーい!
f0064818_22034638.jpg

by soraie | 2012-12-17 22:01 | モノ

七里ヶ浜

今更ながら、世界一おいしい朝食ってどうよ、と思い立って七里ガ浜に。
平日の昼はさすがに並ぶことなく、すっと着席できた。
味は…ホテルの朝食みたいだった(ああ、朝食ブッフェ行きたい)。
普通においしかったけど、それ以上に、愛想よいサービスと、海と空、江ノ島の横にはうっすら富士山、すばらしい景色で幸せ~!!

f0064818_19483489.jpg

犬連れはテラス席のみO.K.とのこと、温かい格好をしていったのだけれど、ポカポカ日差しが気持ちよくて、冷たい飲み物を注文したくらい。
f0064818_19484277.jpg


浜辺を散歩して、犬が波から逃げたり、漂流物にビクビクしたりするのをケラケラ笑って。
でも、犬もまんざらでもなさそう。
やっぱりたまには違うことするのもいいよね。

f0064818_19484616.jpg

1時間で行ける別世界でした。
f0064818_19485151.jpg


どうして掘るの!?

f0064818_22141085.jpg
また掘ってるし!!!

川べりをお散歩

f0064818_22063017.jpg
今日も寒いねえ。

仕事ってすばらしい

薬の副作用で頭がハゲてしまった。
負け惜しみを言わせてもらおう。
ハゲって最高!
もう何千円かけてヘアケア用品を買う必要も、一万数千円かけて美容院に通う必要もない。
爆発ヘアをひいひい言いながらヘアアイロンで伸ばしたのに、出かけて数十分後にはまたグリングリンに乱れてる憂鬱もない。
バスタイムも半分の時間に短縮。
疲れているときって実際に頭皮が硬くなっているのを初めて実感、お風呂で洗顔するときに同じ泡で頭部もやさしく洗い、手の平で温めるように包むと、段々とほぐれてきて気持ちいい!(銭湯のおっさんではないので、このときの石鹸は友人特製のハーブ入りオーガニックソープ。おーほっほっほ)




でもね...

ドッグカフェ

店内に飾られたクリスマスツリーにしみじみする。
犬ビスケットを店員さんに注文した途端、この顔!お前、日本語がわかるんだねえ。
f0064818_21592703.jpg

タルトタタン

f0064818_21563479.jpg
うーん、もっと黒い方がおいしいよね。岡崎は遠いなあ。。
f0064818_21575283.jpg

10年越し、30年越し

最近、時間だけはたっぷりあるので、押入れや本棚、クローゼット…引っ越してからずっと懸案事項だった片付けをボチボチ進めている。
10年前通っていた通信大学のテキストやレポート類、随分処分した。
読み返しても記憶が蘇らないということは、もう既に今の私に不要なことになっている、結局身につかなかった、ということだよね。ごめんなさい。
(これは強烈に心に残っていて処分しなかった)造園史のレポートで、東京の大名庭園の歴史と今を比較するお題があって、添削いただいた先生が、語りかけるように書いてくださっていた。
「soraieさんが古地図を手に、大崎を懸命に歩く様子が目に浮かぶようです。ぜひこのテーマを忘れずに心に持ち続けていてください。川添登著『東京の原風景』は読まれましたか?ちくまから文庫本が出ています」

ああ、先生、ごめんなさい。
いつかもっと調べよう、いつか読もうと思いつつ、もう10年経ってしまいました。
というわけで、今頃読み始めた「東京の原風景」、ものっすごくおもしろい!
一文一文が美しくて、ぎゅと濃縮されていて、何度も読み返してしまうこともあって、全然進まないのだが。

今、江戸時代のお花見の名所部分を読んでいるのだけれど、小さい世界に生きていて、家の中の片付けしている私が行くことのできない過去のいろんな時間や豊かないろんな場所に行けるこのめくるめく幸せ!(東京の東の地理に不案内なのがもどかしい)


で、いきなり江戸から京に飛ぶのだが、京都には、ゆりおばあさんという92歳の方がもう30年間作り続けている絶品タルトタタンがあるそうだ(30年といっても60代で始めてるところがすごい)。
お店は岡崎にあるらしい…と検索していて気がついた。
私が18歳のときから、いつか行こうと思っていたスフレのお店の近くらしい。
徒歩圏内に住んでいたこともあったのに、どうして行かなかったんだろう。
今度京都に行ったときには、タルトタタンとスフレのはしごをしなくては!

おっちょこちょいのせいか、やり残したこと、取りこぼしていることって多いけど、戻って拾えたときの喜びがいっぱいあると思えばいいかな。