空につながるための家

<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

元気になりました

ちょっと入院してました。今は元気です。



More

ちょっと一服

しゃきっとするね017.gif

f0064818_17104293.jpg

リスのカウチン

毛糸だま秋号に載っていたリスのカウチンジャケット、編み始め。模様がない部分をぐんぐんメリヤス編みで編み進めるのも楽しくて、リスが現れてくるのも楽しくて、ワクワクしながら編んでた。

f0064818_17012690.jpg


by soraie | 2011-09-27 16:58 | モノ

赤坂宮川

精をつけたくて、赤坂宮川で限定ランチ。

f0064818_16475780.jpg
ごちそうさまでした!



器用な

お尻をこちらに向けながら、同時に顔をこちらに向けるって、すごいな。

f0064818_12250048.jpg

嵐が去って

嵐が去ってトリーと散歩。うれしそうだね。

f0064818_11561399.jpg



森は大きな水たまりや倒木で、いつもと違う場所みたいだったね。

f0064818_12165877.jpg

f0064818_12175471.jpg



原っぱをトンボが飛んでたね。
f0064818_12203780.jpg





次にいきたい

私の編み物がいつまでたっても初級者レベルなのは、多分、

フォト
30年近くも、この本をバイブルにしているからだと思う。

小学校のときマフラーを編んで以来、編み物を完成させたことのなかった私が、セーターという大作に挑戦した無謀さは、やはり、当時付き合っていたボーイフレンドがきっかけだった。
”彼のハートをキャッチ”できたかどうかはともかく、基本のセーターを完成させて編み物のとりこになった私は、その冬3枚のセーターを彼にプレゼントし、さらに祖父母にもプレゼントし、翌夏にはサマーセーターをプレゼントし、編み物道を突っ走ったのだった。。

裏表紙はルイルイ
フォト


いつのまにか離れてしまったのはなぜだろう。
魅力のあるパターンや糸がなかったから?社会人になり忙しかったから?

最近また編み物熱が復活したのだが、長年の私のバイブルに掲載されている技法には限りがあって、わからないことにぶつかるたびに、解決することを回避して、知っている単純な技法に置き換えてきた。
だけど、この間、裏目の中上3目一度がどうしてもわからなかったときに、ふと、これからはひとつひとつわからないことをわかるようにして、もっといろいろ知っている人になりたいと思った。

で、今更ながら棒針編みの基礎本を購入。

今シーズンは万年初心者を脱して、中級者になりたいわーい(嬉しい顔)

編み物のすばらしいことって、答えがないことだ。
決してアカデミックなものではなくて、世界各地でいろんな編み方が伝承されたり残念ながら消えていったり。
私がごまかしのためにする本に載っていないようなことも、”立派な技法”と呼ぶことだってできるあせあせ(飛び散る汗)
あることができて、なるほど!と、腑に落ちるとき、手をとめて編地を眺めてニマニマするとき、会ったことのない古今東西のニッターとつながったような気持ちになる。
うれしいときも、いやなことがあったときも(停電のときも!)、編んでいると気持ちが落ち着いて、ウダウダ考えている時間もいつのまにか何かしら形になっている。

    by soraie | 2011-09-23 16:54 | モノ

    停電


    台風で停電。心臓バクバク。ろうそくの灯りで編み物してると落ち着く043.gif

    f0064818_22221312.jpg





    休日(注意!虫画像あり)

    グリーンカーテンが相変わらず茂らないと思ったら、大食漢のスズメガがアサガオを完食していた。


    f0064818_1017082.jpg
    黄色のボディに紫の挿し色がすばらしい(黄枯れた葉と紫のアサガオに擬態したと思われるが)。


    f0064818_10171918.jpg
    ホットック、炊飯器の内釜でムギューッとしたらある程度平らに出来た。



    f0064818_10174623.jpg
    手提げバッグ、2点製作。
    向こうのは、キャスキッドソンが好きな方に差し上げるために、エセキッドソン!うはは (汗)



    f0064818_1018514.jpg
    内布。


    どこにもいかないけど、平和な休日です。

    チュニック

    香田あおい先生の「パターンが決めての服作り」、P44掲載のスタンドカラーチュニック↓
    f0064818_10193819.jpg


    スタンドカラーに見えるけど、バイアステープなのだ。
    きっと洋裁を知っている人には、ぎょっとするような目からウロコの簡単さなのだと思う。


    f0064818_10195658.jpg
    先ほど完成。

    ミシンを踏むのがますます快感になってきた。
    布を選ぶとき、ギャザーを寄せるとき、しつけ糸をほどくとき...どの過程も楽しかったなあ。
    歴代の教師が匙を投げた私のような筋金入りの家庭科嫌いにも、一着の服を作る喜びを教えてくださって、香田先生、本当にありがとう!


    f0064818_10201379.jpg
    おまけ、今日のトリー。
    by soraie | 2011-09-14 10:18 | モノ