空につながるための家

<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お正月準備

生まれて初めておせちを自分で作ることに(08年はデパートのを買った)
煮っころがししか作ったことがないのだが、外でいただくような関西風(?)に初挑戦。
こんな薄味で大丈夫なのだろうか。
マヨネーズとかかけなければ食べられないのでは??
ああ、明日の朝が心配。

お飾りをくくりつけて
f0064818_839930.jpg



なんちゃって床の間にお餅をお供えして
(サ○○の鏡餅、どうも抵抗があり、お雑煮用の角餅を積んだ。神様ごめんなさい)
f0064818_84061.jpg




玄関の靴箱の上、牛の置物とか買えなかったので、お花を飾って
f0064818_841555.jpg




夕方になりやっと犬の運動にいけた。ごめんよ。

これからお蕎麦の用意をして、小豆を煮て、年賀状を書いて...
変なお正月準備だけれど、きっと神様はうちに来てくださる。
これしかできなかったけど、できるだけのことをしたのだから。

京都行き

夕方犬をサークルに収容して京都へ。

行ってみたかった伊右衛門サロンで暫し休憩。
味の素みたいに旨味を強く感じるお茶、煎茶道を止めてから久しぶりに口にした。
f0064818_167145.jpg



ホテルに荷物を置いて、同窓会のような集まりへ。
皆さんとお会いできるのもうれしいけれど、それが毎年やってくるというのも本当にうれしい。
最初お会いしたとき学生さん?という位若かった方が白髪交じりになって笑い皺ができて、益々いい感じになってきていたり、逆に年々若返っている??という位生き生きと輝いていたり。
小さな子供だったのに、すくすくとまっすぐよい若者に成長していたり。
今年もうれしくてありえない時間まで飲むわ、しゃべるわ、全然疲れない。ホテルに戻っても一睡もできない。
脳からなんかドワーッと出てるんだろうな。。

翌日はお散歩。
12月とは思えないくらい温かで、光が燦々と降り注いで、空気が爽やかで、きっと私も浄化されたに違いない。うん、そうだ。
f0064818_1675999.jpg
f0064818_1681633.jpg



学生の頃よく行ってたグリルじゅんさいで昼食。
郷愁など必要なく真っ当においしかった。
f0064818_1684117.jpg


帰宅して犬に飛びつかれて一安心(出がけに体調が気になっていた)。
丸二日興奮続きだったのでさすがに今日はダウン。
夫には手抜き料理で我慢してもらい、私は不老泉の懐中汁粉を(これなら喉を通る...ゲンキンだ)。

今年1年元気で、夫に快く京都まで送り出してもらって、皆とおいしいお酒が飲めて、本当に幸せだなあ。
わー、生まれてきてよかった。

人生何があるかわからないけれど、また来年も今日みたいに思えるといいなあ。

エデン社のソイミルク

f0064818_15183647.jpg

探していたエデン社のソイミルク、全種類小さいサイズでGET。
ライス&ソイ、健康とか関係なく普通においしくグビグビ一気飲み、クセになりそう。

この時期

動物病院で、先生がカルテを見ながら、
「えーと、今年はもう何もないわね。ちょっと早いけどよいお年を」
この1年間も、先生には本当にお世話になったなあ。
私「いやあ、わからないですよ。大晦日に駆け込んだりして」
先生「大丈夫。トーリー君、落ち着いていい子になったわね」
いただいたカレンダーをチャンバラごっこの刀のように腰にさして(両手でリードを持つので)、しみじみ夜空を見上げながら帰宅した。

美容院で、支払いを済ませて、帰りがけ、
美容師さん「ちょっと早いけど...よいお年を」
あ、本当だ。会うのは今年最後なのだ。
どうか美容師さんの持病の腰が痛みませんように。
親御さんが無事退院されますように。

お昼休みに入ったお店で、クリスマスソングが流れていた。
天使やらトナカイやら赤や緑の商品を眺めていたら、なんかウルウルしてしまった。
2000年前、皆の幸せを祈って磔刑になるために丘を登った人がいたのだなあ。

皆が幸せになりますように。
この時期どうもやたらにジーンとしてしまっていけない。
年が明けると寒い、寒いとブーブー言うばかりなのに

悪魔?

今、犬の散歩で一番の課題は他犬とのすれ違い。
とにかく犬に注意。人は大抵大丈夫。じっとこちらを見ながら近づいてくる中年~年配の男性はちょっと注意。

お散歩中、犬が急にバタバタしはじめた。
犬どころか人の影もみえない畑沿いの道。
「誰もいないよ。どうしたの?」
ガウガウいうのを声かけしながら進んでゆくと...浮浪者の方が脱○していた。
謝りながら引きずってその場を去った。。

さきほどは交差点で信号待ち中、オスワリをさせていた。
なぜか一方向を気にしてソワソワしている。
見渡したけれど、犬も猫も鳥も、こちらを見ている人もいない。
ちょっと離れたところに一人、若くて華奢な女性が立っているだけ。
キツめにマテをかけたのだが、ついにへっぴり腰で立ち上がってしまった。耳としっぽを下げて後ずさっている。
えええ??!あのお姉さんが怖いの??

どうしてなんだろう。
昔見た恐怖映画に、悪魔が化けた子供に向かって犬が吼え続け、翌朝、飼い主が「今日は静かね」なんて言って庭を見ると、その犬の生首が据えられていたというのがあったな。。
あの工藤静香風のきれいなお姉さん、実は悪魔だったりして。
正体を見破ったトリちゃんになにかあったら、ど、どうしよう

庭工事

f0064818_15232490.jpg

今、庭の工事中。
今冬から初春にかけて、どんな草花を植えようか、楽しみだな。
by soraie | 2008-12-02 15:22 |