空につながるための家

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Cafe Sorajin

この間Cafe Sonjinで食べた分厚いホットケーキに挑戦。


f0064818_1235861.jpg

ええと、ボール紙...そこらへんに転がってたうなぎパイの箱を切って型作り。




f0064818_124332.jpg
Sonjinのホットケーキははかなげにフワフワだった。
で、タネは一応シフォンケーキのように卵別立て、ごくごく弱火にしてアルミ箔でフタをし、フライパンで焼いた。
「お客様、30分ほどお時間いただきますが、よろしいですか?」
などとブツブツ言いながら待ったが...
気の弱い私、こげるのが心配になり、途中でオーブンに投入。



f0064818_1252369.jpg
アワワッ(涙)そりゃそうだ。焼きあがってみれば表面ボッコボコ。
スライスしてひっくりかえし皿に盛る。



f0064818_125445.jpg

うなぎパイの型なので、ちょっといびつだが、それらしくできた!!
味は、Sonjinの方がもっともっと軽くて、もっとしっとり、甘さも控えめ。
そういえば、バターも溶かしバターだったし、メープルシロップもアンバーだったなあ。
ん?全然違う??
いいのだ。Cafe Sorajinだ。

Cafe Sonjin

f0064818_1643770.jpg

センター北のCafe Sonjinで念願のホットケーキを腹におさめた。
落ち着く。程よく暗くて、おしゃれすぎず、なれなれしすぎず、お店というよりおうちのリビングみたいな私的な雰囲気(個室っぽいつくりだからか?)。
ファミリー度の高い港北にあって、お子様はご遠慮ください、の張り紙。
ホットケーキは焼きあがるまで30分かかるので、これまで犬を留守番にさせながらの外出では心臓バクバク、ゆったりとお茶を楽しむ心の余裕がなくて、チャレンジできなかったのだった(汗)
これから時々、こういうことしてしまおう。

ところであんなに厚いホットケーキ、どうやって作ってるのだろう?
市販のホットケーキミックスにありがちな香料くささがなくて、甘さ控えめで中までふんわりしっとり、ああ、おいしかった!

http://sonjin.lifeanddesign.com/

姉来訪

姉が泊まりに来た。犬でバタバタ続きだったから、家を建ててはじめてのお泊りのお客様だ!

スーパーで惣菜とパンを買い込み帰宅。
「もう今日は料理なんかしないもんねー」
とか言いつつ、梅酒で宴会。

f0064818_1632541.jpg

わーい!楽だー!!楽しい!!!最高!

ただ、犬が...最後まで姉に慣れなかった(犬にどつかれてた...私がすかさずどつきかえしたが...)

姉語録
「動物園みたいな家ね」(猛獣ってこと?)
「毛艶もいいし、体型もいいし...普通に歩けばかっこいいのにね」(お散歩時ジタバタしてるのを見て)
「『こいつ、また入ってくるのか』という顔をしてるーっ」(散歩後、家に入ろうとした姉を振り返って犬がじっと見てたとき)

いろんな人を呼んで慣れさせなくちゃ。
とりあえずお姉ちゃん、また頼む!

川遊び

日帰りで実家に帰省。
早朝に出発、実家で両親と朝食を食べる。
夕方実家発、普段の犬の夕食時間には帰宅。結構滞在できる。


f0064818_1695637.jpg

父親と一緒に近くの川で水遊び。
犬、テンションあがらず。 なんですか?という顔でシラーッとしている。私だけ妙にうれしい。


f0064818_16111696.jpg

「エイッとってこい!」と川に投げたおもちゃ(この日のために購入)が流れてゆくのを見てるだけ。
仕方なく、ズボンを端折って私が取りに行くと、行かないで、と飛びつかれ、全身グッショリ


f0064818_16132392.jpg

せ、千五百円したのにーっ(号泣)
やっと回収したあとはもう投げる気にならず。私がとりに行ってどうする。。。


犬、最近落ち着いてきたと思ったのに、今日はずっとピリピリ、ガウガウ(涙)
車中から犬や人に向かって吼えるのも困るが、今回、高速走行中、追い越したトラックに向かっても狂犬状態。後部座席ズタズタ。
男性に対して特に気が抜けない。
父親の顔をペロペロ舐めていても、次の瞬間飛びつきそうな気配。
オスッ気というヤツだろうか...あ~あ。

実は...出発の直前に大失敗をやらかして、帰省なんかしてる場合だろうか、と悩んでいた。
でも、周囲の方からよい言葉をいただいて、気がついた。
いろんな失敗や困難は、成長過程で私とこの子が経験してゆくのに避けて通れない必要なことばかりなのだと思う。 できない、できない、と反省するばかりでなく、楽しみながら、ちょっと先の自分達に期待しながら、気を引き締めて、でも気を楽にしていこう。