空につながるための家

<   2008年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

折れ耳トーリー

今朝犬がソファの上で起き上がる途中キャンと鳴いたきり動けなくなった。
胃捻転か!とびっくりして、開院前の病院に駆け込んだところ、足の筋違えらしい(ヤワッ!)。
関節に異常はないので、1~2日、安静にしていればよいそうだ。
捻転でなくてよかったーっ!!

がんばって立てた耳、最近片方が折れていることが多くてついでに相談した。
いつもは、外出時は緊張して立ち耳、リラックスしたり、うれしかったり、萎縮しているときは右耳だけ折れていたのだが、かえって感情がわかって便利でいいや、と気にしていなかった。
それがここ最近、外出時でも右耳が折れっぱなしのことが多く(ピリピリしてないから?お散歩訓練の成果か?)、折れ跡がついて、折れ耳犬の時間が長くなってしまっていた。

このままだと折れ耳になってしまうらしい。
で、また断耳手術をして耳セットをしなくてはいけないらしい。
不思議だ。。垂れ耳もいい、立ち耳もいい、一番まずいのは切ったのに立ってない耳だ(あれだけのことをさせておいて、犬が気の毒すぎる)、と思っていたのはつい数ヶ月前なのに。
今は生きていてくれればどうでもいい。
折れ耳トーリーでもいいや。鼻が白くなろうが、しっぽが3本生えてこようが、本当にどうでもいい。

トーリー、ビッコをひき、転びながら私をついて歩くので、今朝からリビングから離れられない。
1Fの洗濯機に脱水した洗濯物が丸く固まっていることだろう(あああ)。
回覧板も玄関に置いたまま(あああああ)
とりあえず、Blogの更新は進むなあ(苦笑)


f0064818_14383565.jpg

安静中のジェントルリーダー禿オトコ。お、今は立ってる

シトラスヴァーベナの人

f0064818_14333055.jpg
最近帰宅し、玄関を開けると糞尿臭...ああ(泣)
スーパーにいけば防臭コーナーに釘付け、いろいろ置いたり撒いたりしてるのだが。
そこで暮らしている私にも随分染み付いていることだろう。

ロクシタンがネット通販しているのを発見、夏限定のシトラスヴァーベナのセットが届いた。
限定に弱い私、プロヴァンスの風でせめて私だけは糞尿臭をふきとばすのだ。
使ってみて...ちょっと板ガムみたいな匂い。
ローズとかラベンダーにしとけばよかったかも。。
でもミントが入ってないのにスースーして気持ちいい。
使用感もいい。ボサボサの頭が久しぶりに少し落ち着いたみたい。
ハンドクリームもベトつかず手に馴染むし、膝や肘にボディクリームを塗るのって何ヶ月ぶりだろう(這いつくばってトーリーの足にフットクリーム塗る回数の方が断然多い...泣)
今年の夏はガムの匂い、もといヴァーベナの匂いのする人、か。

モトを断たないとダメなんだよな。。
by soraie | 2008-07-30 14:42 | モノ

痛い

犬とボール投げをしていて、思いっきり遠くへ投げようと腕を振り上げたと同時に、犬がボールめがけて突進し、牙が腕に入ってしまった。

痛い...痛い...肘から下がビリビリして思わずうずくまる。
馬鹿みたいにはしゃぎくるっていた犬もさすがに、アレッと興奮が冷めてこちらを覗き込む。
一本牙が入るだけでここまで痛いものか。
今まで何度か「トーリーに咬まれた」と思ったが、あれらは全部甘咬みだった。
コイツが本気で咬んで振り回したら...絶対に絶対に人様を傷つけることのないよう、気をつけなくては。

帰宅して断耳の後使っていた消毒ガーゼで傷口を拭き、耳立てのとき使っていた絆創膏を貼って処置、耳を切った日のことを思い出した。
太い血管が通っていたあんなに大きな耳を切って、神経が通った爪も全部深爪されて、私の腕の何万倍痛かったろう。
ああ、いかん、泣けてくる。

とりあえず、お互い痛いことはなしにして、一日でも長く一緒にいような

100年早い

犬に服を着せるなんて飼い主の自己満足だと昔は思っていた。
ドーベルマンは何も着ないのがかっこいいと、最初の頃は思っていた。

でも、暑さ寒さの両方に弱いトーリー、今の季節なるべく朝の散歩は暗いうちに、夜の散歩は日が落ちてからするようにしているが、はあはあと息があがって苦しそう。
体を冷やしたり、熱を遮断する効果のある特殊な繊維で出来た服があるそうだ。
普通のTシャツを濡らして着せるだけでも随分違うと先輩犬飼いさんから教えていただいた。

f0064818_13215378.jpg

キャーッ!!トーリー、かわいい。かわいすぎる。なんてハンサムなのっ!!(バカ炸裂)



f0064818_13254260.jpg

気が早いが冬のコートも。ハァーッ!!!似合いすぎ。加藤剛様似の端正なルックスだけあって、何を着てもこんなに様になるわ~(つける薬なし)

はい、いいんです。自己満足でも飼い主バカでも。
今は、ズタボロで犬臭い私、今にトーリーがお利口になったら、さりげなくおしゃれなこのコートに入っているきれいなライトブルーのラインに合わせて、ライトブルーのバッグでコーディネートし、一緒に颯爽と街を闊歩する予定...予定だったのだが、ちょっとまだムリかも。

...汚い話です。

小さい

トーリーと歩くと、いろんな人からいろんなことを言われる。

大抵は、「デカッ!」「大きい」、見たまんま、事実だ。

「あれ、なんていうんだっけ、ドーベルマンだ」、これも事実。

「凶暴」「食べられちゃう」...凶暴じゃありません。食べません。

「なんで耳切ったの?」
「なんで口にワッカしてるの?咬むの?」
すいません。トーリー連れで道端では、一言で答えようがないです。
そういうときは無言でニコッと頭を下げて立ち去る。

「あんたにゃ、その犬はムリだ」
...。

「かっこいい」「きれい」...ありがとうございます。
先日、ズボンを膝の辺りまでずらして、髪を金髪に染めた怖そうな高校生のお兄さんが、目をクリクリさせて素の顔になり「かっこいい」と言ってくれたとき、こちらも見た目で判断してしまってごめんね、と心の中で詫びを入れました。

「かわいい」...犬をよく知っている人なのだな、と思う。


大抵の反応は経験してきたつもりだったが、夕べは小さな女の子に
「わぁ、小さい...」 と言われた。
続けて、
「小さい馬」

乗ってみるか?

トーリー留守番

f0064818_1812499.jpg

夫が休みで家にいる日に私が出勤して、犬と留守番をしてもらった。

夕方になると、夫の無線部屋の窓からじっと外を見ていたそうだ。
以前、同じように留守番をさせて庭の草取りをしていたら、同じ窓から私を発見、窓に飛びついてこちらに行こうと暴れたことがあったので

トーリー「前、ここからタワーの陰に姿が見えたんだよね!」
夫「タワーの向こうですね」

外で車の音がすると夫の顔をみて
ト「お帰りかな?」
夫「いや、お買い物じゃないので、電車でお帰りだと思うぞ」


普段、帰宅時にはサークル内で「出せー」と暴れる姿しか見てなかったけど、私がいないときにはそうやって待ってるのね。

先日、ソファで昼寝中(苦笑)、変な夢を見て呼吸が荒くなったら、足元に寝ていた犬がガバッと起きて密着してきて、顔をベロベロ舐めまくられた。
落ち着かず、いつもぴったりとくっついて離れず、トイレの中までついてくるので、分離不安??と心配だったけれど、飼い主一途で甘えん坊でちょっとした刺激にも敏感なのは、全部ドーベルマンの生まれついての性質、ガードドッグとして作られた特質なんだな。

こんなにかわいいと、いつか別れる日を意識しないではいられないけれど、かわいいなあ、と感じるたび、一日一日を大事にしよう。

初収穫

f0064818_14573952.jpg庭のトマト、初収穫!
週末帰宅する夫を待って早速包丁を入れる。
収穫時、かなり青臭かったので、トッピング的な使い方をするしかないかと思ったけれど、普通に付け合せに盛って普通にトマトの味がした(永田農法真っ青の厳しい環境でほうっておいたので、もしかしたらものすごくおいしいかも、という期待もあったのだが...苦笑)。
ふと気づけば、夕飯の食卓には、トウモロコシ、枝豆、デラウェア...一気に真夏到来。
この間まで早春は苦みのある野菜がおいしいだとか、豆ご飯がどうとかいって、いつまでもストーブつけてたのがウソみたい。
by soraie | 2008-07-13 15:06 |

7月の庭 前半

f0064818_12455570.jpg

ナツツバキ、これとバラの鉢植えを今年は随分甲虫にやられてしまった。
3mm位のピカピカ暗緑色に光る虫、コガネムシ科だろうか。殺虫剤も緑豊も今ひとつ効かず、捕殺しようとしても飛んで逃げてしまう。いまだに敵の名前も不明...キイイッ!にくったらしい。



f0064818_12493287.jpg

今年もキキョウが咲いてくれた。




f0064818_12501732.jpg

トマト、そろそろ収穫か。ものすごく青臭い匂い。大丈夫か?!




f0064818_12514245.jpg

コムラサキの花。地味だなあ。

by soraie | 2008-07-10 12:52 |

焼き鳥の後タケノウチと山へ

f0064818_11462355.jpg

イヤなことがあったので、かねてからの野望を実現することにした。
仕事帰り、駅構内のお惣菜屋さんで焼き鳥をしこたま買い込み、酒を飲む(もう今日は料理なんかしない。節約なんかしない)。
ほろ酔いのいい気分で眠りについた。

            ******************
ところで先日、竹野内豊似の方から、感銘を受けたことがあって、私の中で竹野内豊が一気に急上昇中(苦笑)
            *********************

で、早速夢を見た。
竹野内豊と私は設定上恋人同士らしい。一緒に山を歩いている。
ヤマネコに襲われ、怪我をする私。
竹「救急箱持ってる?」
はっと自分を見ると、犬の散歩用のバッグを肩から斜め掛けしているだけ。
犬のウ○チ袋と新聞紙、犬のオモチャしか入ってない。
私「すみません...たまたま今日は忘れてしまって」
(ウソだ。ハンカチだって普段持ち歩かないクセに)

やさしく且つ男らしく消毒をしてくれる竹野内豊。
夢なので痛くない。
私「すみません。恐れ入ります」

ああ、夢なのにどうして気を遣って小さくなってるのだ。。(泣)
夢なのになんで犬のお散歩スタイルなのだ。。。(号泣)

夜のお散歩で

犬の散歩、犬を飼う前だったらありえない時間に行った事もなかった場所を歩くようになって、いろんな人と出会うようになった。

いつでも鬱蒼として暗く、独特の雰囲気が漂う神社、日露戦争や太平洋戦争の戦没者慰霊碑の横にブランコなどあったりするけれど、誰が遊ぶんだという感じの神社に夜お参りした。
怖いので、一人でしゃべりまくり。
「あ、ダメだよー、そんなところでシッコしたらチ○チ○曲がるからね。はい、今10円玉出すからね。トリちゃんがお利口になるようにお願いするんだよ。あーダメ、その綱はオモチャじゃないの、はい、ジャラジャラ、パンパン」

ふと目を上げると、いきなり社殿(トタンの小屋だけど)の横の影が動き、思わず、うおおおおおっと、野太い低い声で叫んでしまった(「キャー」でなかった自分にショック)。
見回せば、一人、二人、三人...若者がいっぱい。
皆さん、地味で真面目そうな人たち。
なにやってたんだろう??


公園でウンウン、ウンウン、ウンコ出たかなーを百回位連呼していると抱き合ってるカップルの横だったり(脱糞行為とウンウンという言葉を結びつけたいので、クンクンするととにかくウンウンといい続けている)


同じく公園のベンチで一人ポツンと座るサラリーマン。
営業成績が振るわず、上司に怒られちゃったのかな。
それとも、楽しいお酒を飲んだ後、家に帰って奥さんと子供の顔を見る前に酔いを醒ましながらもうちょっと非日常に浸っていたいのかな...
20~30分後、立ち上がって驚いた。クールビズのカッターシャツかと思ったら制服姿の中学生だった。
...ずいぶん疲れた背中だったな。。