空につながるための家

<   2008年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

4月の庭 後編

f0064818_20355254.jpg

ほんの1週間前、こんな風に幽霊の手みたいだったヤマモミジも今はすっかり手を広げている。


f0064818_20361099.jpg

ハナイカダ、本当に葉っぱの舟にのっているみたい。



f0064818_20362715.jpg

お隣のレンギョウが終わった後をヤマブキの黄色が「よっしゃ、まかせとき」とばかりに引き継いで、



f0064818_20364852.jpg

コデマリも蕾が膨らんできた。その奥にあるゾロッとバナナみたいなのは多分、イワナンテンの...花?葉もそうだけど随分と地味な。。。イワナンテン、日の当たらないところでなんの世話もしてないのにえらいぞ!


f0064818_2037486.jpg

あ、クローバーの中からキャンディタフト!
昨年、余った古い種をところかまわず直播して、そのあと何にもせずに放置していたのに。
ちゃんと出たのね。
先日ちょこっと草取りをしていたらカモミールらしき新芽も見つけてちょっとうれしい。

ああ、相変わらず手付かずの庭、どうしよう(悩)。
特にグラウンドカバーのないむき出しの土部分、草ボーボーで歩くたびに靴裏がドロドロになり、憂鬱。
放っておいただけなのに花をつけてくれたキャンディタフトを見てピンとひらめいた。
雑草系の丈夫な草の種をガンガン蒔いてしまおうか。
バジルとか紫蘇とか、コリアンダーとかパセリとか、キッチンに直結して有効に使えるのがいいな。
ついでにもうひとふんばり、トマトの苗でも植えたら、この夏はトマトを買わずに済ませられるかも。
...でもなあ、全体のイメージもないまま、ところかまわずいろいろ植えて、将来にわたってなんかめちゃくちゃなことになりそう。
by soraie | 2008-04-29 20:50 |

狼犬に遊んでもらう

f0064818_20134316.jpg

先日、狼犬に出会った。
ウルフドッグ、狼と犬をかけ合せて作出したのだそうだ。
愛情豊かにのびのびと、ときに厳しくしっかりと育てていらっしゃるようで、突出した野性味や警戒心は感じなかったけれど、やはりハスキーやマラミュートとも違うエキゾチックな感じがかっこよかった!

あずきお姉さん、仔犬のエネルギーで大きな図体をドタバタ振り回しては遊ぼう、遊ぼうと走り回るトーリーをたしなめつつ、上手に相手をしてもらった。



f0064818_2014352.jpg

妹分のきなこちゃん、フワフワの毛並みに富士額の仔犬なのに、どことなく充実した力、風格が感じられるのはやはり狼の血か。
トーリーがきなこちゃんに近づくと、すっとあずきちゃんが割って入ってさりげなく守っているのが素敵だった。

タントテンポ@葉山

f0064818_15252636.jpg

東京を引き払い郷里に帰る友人と葉山までドライブ、知人に教わった食材店タントテンポでいろいろ買い込み、また葉山ホテル音羽の森でお茶。
(タントテンポ、かわいらしい店内ながら、食べることや料理が大好きな私には宝箱みたいな場所でした。多謝)

葉山、「待て」と「おいで」ができるようになったら犬と行きたいなあ。
そのときにはドロドロのカッパや犬専用のボロ着は脱ぎ捨て、カジュアルだけれどおしゃれな服を着て、ちゃんと手入れをされた手でカップを持ち上げ、優雅にコーヒーを飲むのだ。
犬はもちろん、フセをして私の足元。
...というか、まずは歯医者と美容院に行きたい(泣)。
いや、その前に、犬がサークル内で下痢して暴れてヒーンヒーン泣いているかも、と心臓をバクバクさせることなく、近所のスーパーに行きたい(号泣)。
いや、その前に...(以下永遠に続く)

Omaでおまっ

中途半端にそろえた和食器を随分処分し、新居ではティーマでそろえた。
シンプルだし、飽きが来ないし、和洋中どれでもいけるし、これで十分、「足るを知る」だ、と思っていた。

が、ティーマ、限定色はガンガン出るわ、これまでの定番品が切り替わって新しいものがまた発売されるわ、常に購買欲を刺激。
そのうえ、Kokoもよかったなあ、ロイヤルコペンハーゲンの熊も、ウェッジウッドの業務用もよかったなあ、と浮気心を抑えるのに必死。
そこにもってきて、アラビア社のOmaが新発売、日本では一社限定とかすぐに売り切れとか次の入荷は六月とか...

で、思わずポチッ。

f0064818_14421610.jpg


夫に気づかれたらパンのシールを集めてタダでもらったと言おうと考えていたのだが、在宅中に納品されてしまった。
でも、ちょっとシャープで、でも肩の力が抜けた感じで、いいなあ(うっとり)。
by soraie | 2008-04-19 14:31 | モノ

ランでランラン♪

いつも行くドッグランで初めてドーベルマンと出会った!!
ランちゃんという女の子、女の子だけあって全体にほっそりしてエレガント、でもしぐさも声もトーリーとそっくりだ!
チョコタン、きれいだなあ(うっとり)。
f0064818_15262774.jpg





Tory、さっそくドタバタと遊びに誘う。うれしいのはわかるが、どうか乱暴するなよー。やさしくしてよー。アンタと違って別嬪のお嬢様だぞー(ヒヤヒヤ)。
f0064818_15281256.jpg



f0064818_165745.jpg




ごめんよ。。

f0064818_14261879.jpg

Toryがうちに来る前から大切な我が家の家族だった鳥さん、挿し餌から育て、初めて飛べるようになったときは夫婦で喜び合ったものだった。
夫がToryをそう名づけたのは、なんだ、かんだと言っているけれど、「鳥」からきているのでは、と思われる。

数ある犬種の中からドーベルマンを選んだ理由のひとつに、鳥とも仲良くやってゆける「家族に対して愛情深い」犬ということがあった。
狩猟犬、特に鳥猟犬だとお互い辛かろう。

で、今仲良くやっているかというと...ものすごい険悪。
鳥に話しかけるだけで、デカい前脚でバンッと鳥かごを襲撃するTory。
鳥も、犬ばっかりかまうなよー、と、先日命がけのハンストを起こした。
私が頭を撫でようとすると冠羽を逆立てギャーッと怒りをあらわにする(当然...だよね)。
荒鳥になっちゃうよー(号泣)。

最近まで鳥かごは別室に避難させていたのを、やっとリビングで同居再開したものの、お互いのストレスは溜まるばかり。

鳥さーん、かわいいねー、と鳥をかわいがり、同時に、Tory、かわいいねー、と犬をかわいがることで改善...するのだそうだ。がんばろう。。

バリケンネル導入!

夫の父親は狩猟が趣味で、夫は物心着く前からずっとハンティングドッグと暮らしていた。
だから、Toryを育てるに当たって、親はこうやっていた、と彼の記憶に規範を求めることが多々ある。

で...彼の思い出の中の代々の犬たちは、に寝ていたのだという。
を敷いて。
うそだろう、と思っていたら、本当に藁がどっさりと届いたのだが、
「リビングに藁?アッハッハ」
と笑ってごまかし、なんとかそこはうやむやにした(藁、物置にあるよ。どうするんだ)。
で、Toryは箱寝台で寝ることになった。(こんなやつ↓)
f0064818_140716.jpg

小さいうちはまだしも、成長してからは本当に窮屈そうだった。
寝るよー、とサークル内に誘導してもガンとして入らないし、箱にオシッコかけまくり。
それを見て夫激怒するのだが、オシッコ攻撃は続き、箱は芯までレロレロにふやけ、リビングにツンとした刺激臭が漂い...
私が言っても聞かないのはわかっているのでどうすることもできず。
先日訓練士の方がうちに見えたときに、この箱なんですか?ということになり、やっと撤去(やったーっ!!!)

注文していたバリケンネルが納品されて、早速組み立てる。
f0064818_1413494.jpg




おお!玄関開けたらトイレ、というところが気の毒だが、Toryもついに箱犬から一転、一国一城の主じゃん!
f0064818_1423263.jpg




どうよ、と一緒に中にはいってみた。ふむ、なかなか落ち着く空間ではある。
f0064818_1432918.jpg



今までどうにも落ち着かなかったのだろう。夜中に何度も鳴いてはゴソゴソドタバタとしていたのが、随分改善されたようだ。
留守中はバリケン内に入っていることが多いのか、私が仕事から帰宅後、サークル内のそうじに1時間も2時間もかけることもなくなった。

禁断どころかやりたい放題

犬が来て以来、なんでもし放題のようだけど、こうみえても我が家には犬立ち入り厳禁の部屋がある。
私のベッドルーム兼クローゼットがそうだ。
夫の無線部屋もそうだったけど、自分で大抵のドアはあけてしまうため、引き戸のたてつけが悪いこの部屋だけが禁断部屋としてかろうじて守られているのだ。

でも、なぜか帰宅するたびにベッドの上に洗濯籠に入れたはずの靴下が置かれていたり、やけに布団が乱れていたり、毛布の端がちぎれていたり、たたんであったものが床に落ちていたり。

全部気のせいだよね。うん、そうに違いない。

と、無理やり自分を納得させていたのだが、先日、私の留守中おもしろいものを撮ったと夫がデジカメを持ってきた。
f0064818_133827100.jpg

!!!
当たり前の顔して私のベッドで寝てるんじゃん!
しかも枕をお尻に敷いて!
私の服を集めてクチャクチャしゃぶってるよ!

私「何ーっ!これ!?いつからこんなことさせてるの??」
夫「いや(シドロモドロ)時々階段を下りてしばらくしてから揚々として戻ってたんだけど、今日偶然覗いたらこうなってたんだ」

ちゃんと見ててよーっ!!

当然な顔して、いつもいつもいつもこんなことしてたんでしょう。

f0064818_1340468.jpg





ヒトのベッドでリラックスするなーっ!

f0064818_13401872.jpg

4月の庭

あいかわらずうちは草ボーボー。
ああ、1日15分でいい。庭に出る時間があればなあ。
この間、植栽をした記憶のない場所に1mを越える何やらが立派に生えているので、近づいてみたら巨大タンポポ(?)だった。

ご近所は皆さん、素敵に庭を整えるばかりか、玄関先に寄せ植えを置いて、道行く人の目を楽しませてくださっている。
それにひきかえうちはペンペン草...
でも、道路に面していっぱい花の咲く木が植わっていることで随分助けられているような。。

ミツバツツジ

f0064818_1258547.jpg





トキワマンサク

f0064818_134469.jpg




カツラの木も1年で随分背が伸びた。

f0064818_1352451.jpg




アラカシの若芽ってこんななんだ

f0064818_1361720.jpg




クロモジに花?

f0064818_1381383.jpg




最寄駅の駅前にある農協でいつも農家の方が新鮮な野菜を販売しているのだが、昨日は花の苗がいっぱい。
てっせん、都忘れ、ハーブ類...どれも庭に植えたいものばかりだ。
来年の春には、犬も落ち着いて、庭に時間をかけることができるようになるだろうか。
by soraie | 2008-04-17 13:08 |

昨日の夕食、今日の朝食

f0064818_8355528.jpg

先日の黒七味スパゲティ、昨夜、本に載っていたレシピどおりに作ってみた。
茹でたスパゲティを塩、オリーブオイル、かんきつ類の絞り汁、黒七味で和えるだけ。
動物性の旨味がないので、一口目ちょっと物足りないが、次第に七味が口内に広がってゆくにつれ...うん、こりゃイケる!


週末は疲れた。夫の急な不在と登場にうまく気持ちをチューニングできず、イライラしてしまった(ごめんよ)、ムシャムシャ。

犬と遊んでいて頭突きされ、目の周りにアオタンができてしまった、ムシャムシャ。

職場で上司が理不尽な怒り方をし、もうちょっとでゴミ箱をけり倒して辞表を叩きつけるところだった、モグモグ。

疲れ果てて電車に乗り、ウトウトしてふと気づくと車内には誰もおらず終点だった、ゴックン。





朝起きるとまだモヤモヤしている。
喉に違和感、風邪をひいたか?
お盆に、珍味系のおかず、浜名湖の海苔、母の作ったママレード...好きなものだけ載せてゆっくり朝ごはん。
f0064818_8371334.jpg

微熱も頭痛もとんでゆけー、モグモグ。

滋養をいただき、毒素は吐き出してさあ、今日も一日がんばれますように。