空につながるための家

<   2007年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ブルーベリー最初の収穫

タワーが立って以来、心労?体調が思わしくない。
先週末は高熱でダウン、今も咳が残り、あまり眠れない。ほとんど24時間口の中にのど飴が入ってる状態。

そんなわけで、ブルーベリー、収穫するより地面に落ちてしまった方が多いくらいなのだが、それでも今年は鳥に持っていかれないせいか(多分警戒してる)、結構とれた。
f0064818_1310485.jpg


いっぺんにこのくらい↓
f0064818_13102389.jpg


冷凍ストックしたけれど、さすがにジャムにするほどはないので、パンケーキに入れてみた。
f0064818_13112614.jpg


来年は、ジャム、できるかな。
by soraie | 2007-07-31 13:12 |

目立たない...か?

今日はいい日だった!
ベランダで洗濯物を干していたらお隣さんから呼ばれ、庭越しにお饅頭をいただいた。
タワーが建って以来ずっとこちら側のシャッターを締め切っていらっしゃって、申し訳なく、つらい日々が続いていたのだが、ご近所に素敵なお庭のお宅があるので、今度二人で見に行きましょう、とお誘いいただいて、涙が出るくらいうれしかった!!
タワーのことももう一度直接謝ることができ、ああ、久しぶりに爽やかな気分!

立ったときの大騒動(クレーンが来て数時間の通行止め、騒音等々)に加えて、町並みの景観を壊すことが心の痛みでもあったのだが、設計士Cさんマジックがここでも本領を発揮、
家の中では、私の生活範囲からタワーがほとんど見えず、夫の生活範囲からは丸見え、という離れ業を実現していただいたのだが、

意外に外からも目立たない!

そうなのだ。
北道路の我が家の南側庭にタワーがおったているのだが、家の影になり、道路からは
「あら?電柱かしら」
位の印象にしかみえない。
我が家の南側のお宅には我が家側(つまり北側)にほとんど窓がないので、景観的には日常暮らしてゆく上で目に触れることがほとんどない。

問題はお饅頭をいただき、温かなお言葉をかけていただいた上記お隣さんなのだ。
あのお宅からのみ、始終変なものが見えることになる。
いろんな木や花を植え、お庭を素敵にしていらっしゃるのに、自然なイングリッシュガーデンの向こうにNASAみたいな奇妙なものがそびえてる状態。

本当に、本当に、電波障害だけはないようにしないと。

夫早くも落ち込む

アマチュア無線家の夢、憧れのアンテナタワー、実際に立ててみてどうよ、と聞いてみる。

「うえーん。34mにすればよかったーっ!手間とお金はそう変わらないのに」

立つ前はナーバスになり、台風がどうした、電力会社がこうしたと眠れない日々が続き...
立ったら手放しで喜ぶかと思ったら、既に後悔、すごいペシミストだ。
たまげた。

現実を直視しなくては

太陽の下、初めてタワーをみてみる。

f0064818_12261251.jpg

1.ベランダから見上げる。
入れ子になった部分が延びて全長30mになる。
スーパーモデルってなんだ。

f0064818_12263174.jpg

2.ベランダから見下ろす。
グランドカバーのクローバーが蹴散らされているような...


引越し前には「早く越していらして」と声をかけてくださり、出会うといつも手を振ってくださり、先日はトリュフチョコをお届けくださったお隣さん、裏切るようなことをして、本当に本当にごめんなさい。

とうとう...

f0064818_1220491.jpg


ガーン。

桔梗が咲いた

f0064818_13275891.jpg

台風にもめげず、桔梗が花盛り。

by soraie | 2007-07-16 13:29 |

クローバーの芽が出た

f0064818_2373399.jpg

ところどころこんな感じ


f0064818_238998.jpg

アップ、味噌汁の具にしたらおいしそう...

by soraie | 2007-07-15 23:10 |

アリとの戦い 第2ラウンド

f0064818_22535131.jpg

ここの樫の木をつたって


f0064818_22544376.jpg

ベランダ経由で木製建具から入ってくるルートが一番多いみたい。
さすがに大型アリは入り込めず、茶色い小さい方達がいつもメインゲスト。


今朝はたまげた。
壁をパン屑が登っている!!と見るとアリだった。
ロープも道具もなく、素手で(当たり前だが)自分の身体の何十倍ものモノを垂直の壁沿いに運んでゆくその運動能力と体力、筋肉番付とかオリンピックとか出たらすごいことになりそう。

感心してる場合ではないので、ホームセンターでアリ専用殺虫剤とアリの巣駆除剤を購入。
やっぱり普通のキンチョールよりアリキンチョールは効く!

樫の木界隈のアリさんは、体色がベージュっぽくてまた違う種類のようにもみえる。
いつもいらっしゃる茶色い方達のお宅を確定した後、この週末はアリの巣コロリをお中元にお持ちする予定。

アリとの戦い

f0064818_1432023.jpg新居となったこの地、最初は森だったのが、「ニュータウン」開発で更地になり、そこにボーボーと草が生え、そこを掘り返し基礎ができて家が建ち...

何もなかった庭に木が植えられ、入居して3日目、かわいらしい芽がいたるところに何百と出てきた。
ああ、これも設計士Cさんのサプライズプレゼントか?と思ったら、早くも雑草だった。
(それから3日後、それとは別にCさんマジックであるところのクローバーの芽がふきだしてきたのだが)

ヒーヒーいいながら、草取りをするため、庭にしゃがんで気がついた。
庭のそこらじゅうアリだらけ。
何万なのか何億なのか見当もつかない数のアリが、大建設ラッシュとばかり、巣を作るため右往左往している。
今週に入り大分落ち着き、その代わりにいたるところにアリの巣穴があいている(皆さん、我が家と同様、新居が完成して住み始めたのね)。

こうやって、土地というものは植物が生え、アリが最初にやってきて、生態系が再生されてゆくのだろうか。

と、感慨深かったのだが...
そのアリさんたち、よく我が家にアポもなしにいらっしゃるのだ。
最初は、刺すものでもかぶれるものでもなし、そっと外にやっていたのだが、今朝などは2Fのキッチンにうじゃうじゃ。
さすがに命の尊さなどいってられなくて、ティッシュでつぶして殺す。
うわっ!リビングにも!
ティッシュ片手に這いつくばって、アリ退治。
70匹まで数えたところで、気持ち悪くなって、数えるのをやめた(涙)。

こんなにアリが出るのって、異常な事態なのだろうか?
実が生り、鳥が訪問し、虫が孵り、そんな庭が夢なのだが...
アリの巣、退治した方がよいのだろうか?

片付け日記

f0064818_13521719.jpg新居に越して2週間、じっくりとその家の雰囲気をみて、暮らしてゆく中で注意深く、これから長く使ってゆく日用品など購入してゆく予定だったが、それどころではなかった。
越したその日から家の維持管理は始まっている。
庭はボーボー雑草が生えてくるし、埃はたまってくるし、ゴミは出るし、台所でもお風呂でも使えば汚れが気になるし。
片付けが済まないから、日々の維持管理に異常に手間がかかる。
手間がかかると、一層片付けが進まない...という悪循環に陥っている。

もう、いい!買って間違ったと思ったら捨てて買い直せばいいのだ!!
地球にやさしいとか、環境を考えるとか、しばらくは知らない(号泣)。


今、3割位片付けられただろうか。
台所は鍋や一升瓶が床置き、一番大事なこの家の象徴とも考えていた和室はゴミ置き場と化している(うえーんっ!!)。

唯一5割方片付けが済んでいるのが、洗面室。
水周りで用途がはっきりしているので手がつけやすかった。
でも、いろんな色が氾濫しているのがイヤ。
ターコイズブルーのバスタオル、将来の犬用にしよう(汗)。
夫様がカバの行水のごとく水を撒き散らして洗顔なさるので、コップや石鹸置きは壁にして正解だった。
体重計とか、生々しいものはどこにおけばよいのだ?

f0064818_13554959.jpg洗濯機上のこの棚も悩みのタネ。
いろんな洗剤のいろんな色やデザイン、どうしよう。
ランジェリーとか、ありえない文字が堂々と。
うーっ。

今週末は寝室クローゼットを集中攻撃だ。
衣装ケースが山高く詰まれた寝室で寝てると、どうも倉庫みたいで。。
しばらくは、このブログ、片付け日記になりそう。