空につながるための家

ぽちっとTeema ペトロール熱

f0064818_1739257.jpg

新居に似合うのは北欧モノだ、と先週の設計事務所訪問以来物欲のベクトルがスカンジナビア半島方面にグイグイもっていかれている。

照明とか家具はCさんと相談...というかお任せすることになるのだろう。
シーツやクッションなどの布モノは実際に家ができてから選びたい。
で、とりあえず今は揃いの食器が欲しい。
ドンッと買うと夫にバレるので、何回かにわけて買うのだ。

これまで青絵の和食器が主だったので、ここは禁欲的に白で統一するつもりだったが、白いお皿に豆腐やご飯、うどん、大根サラダ...不味そうだ。
ネットで見たTeemaやKokoの茶色がいい感じなので、茶と白を買おうと決意して、北欧雑貨ショップに実物を見に出かけた。

実際見てみると、つるっとした工業製品的な茶色は上にのせるものを選びそう。
パンはいいが、肉やカレーはどうなのだ。一方...
f0064818_1816348.jpg

ううう、ありえないと思っていたペトロールブルーが意外にもよい。
冷やし中華がよく合いそう。これの隅に黄色のカラシを添えたら美しいだろうな。
オムライスに真っ赤なケチャップをたらしても映えるだろうな。
カボチャスープとか。

考えていなかったオリーブグリーンも非常によい。
ぜひともチョコレートケーキやキノコのクリームスパゲティを乗せたい!

Teemaは基本色の白、青、茶、オリーブグリーンのほかに、限定色の「さし色」を加えた商品展開をしていて、これが、どの色を組み合わせても素敵に出来ているのだ(汗)。
ああ、恨めしい。
白に操をたてた禁欲など忘れ、この色のカップにあの色の皿をのせて、あの色のボウルにこの色の皿を添えて、もう頭の中がグチャグチャ。
30分以上皿売り場の前で考え込む客、不審だったろうな。

結局いつでも買える(お願い!廃盤はやめて!)基本色は抑え目に、ペトロールブルー中心に買い求めた。

道を歩く人の服やバッグを見ても、「あ!ペトロールブルー皿」と、青緑センサーになってしまった私の目。

ところで、上記北欧雑貨ショップに酔いどれ先生とゆかりの深い作家さんの絵が飾ってあった。
酔いどれ先生の家が好きなのと同じ理由で好きな作風で、かなうならぜひ新居のリビングにはその方の絵を、と思っている。
私の北欧熱も、結構方向性は合っているのだな、と妙に納得。
by soraie | 2007-01-30 17:51 | モノ
<< 大丈夫か?アンテナタワー 鶴の恩返し >>