空につながるための家

トリー闘病10 〜B病院へ行く〜

トリーは、自分からは食べられなくなったが、私の手からならまだ細々と食べることができていた。食事の量も少ないのだが、前日からうんちをしていないのも心配だった。
階段の上り下りは休暇中の夫にお願いしていたが、もうすぐゴールデンウィークも終わる。モンベルから出ているキャリーハーネスを注文した。私のような女性でも抱っこできるそうだ。この情報を知ったのは、トリーを飼う前によく拝読していたドベブログの記事からだった。ことごとく皆さん他界されていたのにショックを受けたが、介護の情報は本当に助かった。

9時の診療開始時間を待ってB動物病院に電話して、無理に院長先生の今日の診察にねじこんでもらった。
友人がうちに来てくれ、別の友人のワンコが使っていた犬用担架やハーネスを、使うときが来るまでと、貸してくれた。
その友人が付き添ってくれてB病院へ。3列シートの後部座席を倒して大きなベッドのようにアレンジしてくれて、おかげでトリーも快適そうだった。道順や病院のシステム等々、わたし一人でも行けるよう都度細かく教えてくれた。
皆、最近愛犬を見送った人たちだ。ありがたく心強かった。
トリーは、大好きな人達と車でお出かけで、ずっと「がんばってるね、えらいね」と褒めてもらって、特別な日みたいでちょっとうれしそうだった。
過密スケジュールの中、院長先生が少しでも空いた時間に呼んでくださるとのことで、別館の待ち合い室で、バスタオルの上に寝転んで、わざわざ作ってくれたできたての酵素水を飲んで、まったりキャンプしてるみたいだった。
1時間半位待って、診察室に呼ばれて、若い獣医師から問診を受け、体重測定(27kg。ショック)、採血をして、それからまた1時間くらい待って、院長先生がやってきた。
短髪の五十代位の方で、声が大きくて精力的で気さくで、お坊さんみたいな方だなと思った。
無理やり診察に割り込ませていただいたけれど、丁寧に丁寧に触診していただいた。触って状態を知るのがこの先生の診察の特長らしい。
知らないところで知らない人にいやなところを触られたりつつかれたり叩かれたり、それでも従順に受け入れるトリーを見ていたら、なんにも訓練が入っていない、信頼関係もない、まっさらな子犬の頃が思い出されて、泣けてきた。

院長先生の見立ては、やはり脳腫瘍、もしかしたら脳炎かもしれない、とのことだった。
余命は?と聞くと、ちょっと苦笑いされた。そうですよね、MRIも撮ってないのに。
院長「うーん、薬が効けば年単位、効かなければ数ヶ月かな」
トリーは、ガクッと弱くなる子、石にしがみついてでも...というようなところのない子だから、頭の中で、ちょっと差し引かなくちゃな、と考えた。

大学病院に紹介状を書きますが転院しますか?と聞かれ、脳腫瘍か脳炎かで治療内容が変わらないのだったら、こちらでお願いしたい、延命より苦痛を取り除いてやりたいという希望を伝えた。
治らないものだったら、また転院、検査で負担をかけたくない。

点滴:
ソルコーテフ(ステロイド剤)
ミラクリッド(膵炎やショック状態の改善に用いる)

点滴の最中、友人から電話があった。
ゴールデンウィークに帰省した際、会おうって約束していたのだった。
友「今どこ?(ニコニコ)」
私「病院です」
友「どうして?」
私「家族が脳腫瘍と今伝えられました。わーんわーん」
友「泣かないで。泣かないで」
ものっすごくびっくりしてた。ごめんね。

点滴が終わったのはとうに診療時間を過ぎた8時過ぎだった。
帰宅して、深夜2箇所の職場にメールを書いた。
家族の病気でやめさせてほしいと。

処方薬:
プレドニン(ステロイド。炎症をおさえる)
グリセリン(脳圧を下げる)
ATP(血流量を増加させる)
ハイゼット(自律神経の調節)
ガスター(胃薬)


f0064818_16015731.jpg
がんばって点滴を受けてるトリー。えらいね。

<< トリー闘病11 〜カラーとハー... トリー闘病9 〜トリーが吐いた〜 >>