空につながるための家

トリー闘病5 〜4月30日まで〜

4月は、バタバタしてた。
ギリギリまで詳細がわからないまま、仕事のスケジュールを組んだり、必要書類の用意を進めたり、仕事上の大きなイベントが重なったうえに、植木屋さん、通院...その合間に、夏休みに見学に行く予定だった海外の施設とやりとりしたり、年若の友人から助けて!と電話がかかってきたり。
本来仕事がない日も通勤したりして、帰宅がずいぶん遅くなったこともあったね。
私がケモブレインだかたもブレインだか異常に忘れっぽいのをいつもカバーしてくださったり、明るく受け止めてくださる方たちに囲まれて、ありがたくて、どんどん自分の体力の許容量を超えていってた。
トリーには私しかいなかったけど、私はいろんなつながりやしがらみや楽しみの中で生きていてね、ごめんね。どんな仕事よりお前の方がずっと大事だよ。働いていると、元気で生きてる実感がいつも濃厚に感じられたけど、お前の黒い大きい体の方がずっとがつんと確かな生きてる喜びだったよ。


4月6日にかかりつけの近所の動物病院で、健康診断をしてもらったね。
結果は、コレステロール値が高めな他は良好で、トリーも中高年になったってことだね、って夫と話してた。
いつも近所の川沿いの桜を見に行くと写真を撮ってたけど、今年だけは撮らなかった。来年も行けるだろうって思ってたから。

4月20日にフィラリアとノミダニ予防をしてもらったとき、まぶたのイボ(イボは1年ほど前からあったのだが、最近大きくなってきて、目やにが増えてきていた)について相談したら、今から取っちゃいましょうか?って言われて、急遽手術になった。
イボは良性のもので、心配いらないとのことで、目元がすっきりして、アーモンド型の瞳が涼しげな元のトリーに戻って、ああよかった、これで視界にイボが入ってうるさいことがなくなったねって思ってた。
そのあとの目薬や軟膏、台所で呼ぶといつも素直にじっとしてたね。そのあとご褒美のおやつがもらえるから喜んでたよね。


3.11のあと、東北に、特に福島に旅行するのが夢で、それが叶うときはトリーと一緒に、と思っていて、冬から猪苗代のドッグペンションに問い合わせていたのだが、お薦めは5月とのことで、着々と準備を進めていた。
ガソリンを満タンにしたり、新しいトリーツバッグを買ったり、新しいリードをおろしたり、散歩用のシャツや軍手を大量に買い替えたり。

三春町を歩けたらいいけど、犬連れだと難しいかもしれない。負担がないように、欲張らないで、さっと車で行って、さっと帰ってもいいよね。
6月には山梨にさくらんぼ狩りに行こうね。高尾山も登ろうね。そうだ、江ノ島詣でをした人は、大山詣でもしないといけないんだって。10歳までとして、残り少ない季節季節、そのときにできることをして、いつかしたかったことをひとつひとつ叶えて、うんと楽しもうねって思ってた。

4月28日と29日も、仕事でずっと留守番をさせてしまったね。
4月30日は、朝からイベントの準備をして、式ではうれしくてずっと泣いてた。そのあと走って急行に飛び乗って勉強会に参加して、懇親会も出席して、結局帰宅は夜になっちゃったね。
おじちゃん(夫)と二人でずっと留守番して、でも、夜はおじちゃんの一人すき焼き鍋のおこぼれにあずかって、牛肉をもらってたんだよね。
私には綱渡りのスケジュールだったけど、これでゴールデンウィークの始まり、時間はたっぷり、うんと楽しもうねって思ってた。

3日間も我慢させちゃったから、翌日からたっぷりお散歩しよう。
5月4~5日は私が帰省。 その間トリーは訓練士の先生のおうちで合宿だ。大好きな先生や他のワンコとも触れ合えるお泊まりは、トリーにも晴れのお出かけイベントだったよね。
5月7日はおじちゃんの誕生日だからお前もローストビーフにありつけるはずだった。
5月9~10日はいよいよ福島旅行。楽しいことが目白押しのはずだったね。


<< トリー闘病6 〜兆し〜 トリー闘病4 〜以心伝心〜 >>