空につながるための家

トリー闘病4 〜以心伝心〜

トリーがわかった言葉:

Sit(または人差し指を立てるアクション。反省の意を表すときいつも自主的にsitした) 
Down(または手のひらを下に下げるアクション)
Stay(または手のひらを見せる)
Come(いつでもトリーが一番好きな指示だった)
Heel(または左手で左の腿を打つアクション)
Stand(または手を水平に左から右へ)
Jump
お手(強烈パンチをよくくらった)
おかわり
ごろーん(横になって寝転ぶ。)
Kiss(猛烈にキスされ続けるのを防止するため。「キス!はい、止め!」)
Up(2階にあがる)
Out(口にくわえたものをリリースさせるとき)
House(バリケンや家の中、車の中に入る)

ご飯、食べる?、食べたい?、 お腹すいた?、おやつ、ねんね,,,

トリー、トーリー、トリちゃん、トリ君、トリ吉、トビー、黒い子...

いい子、おりこう、かわいいね、えらいね、すごいね

悪い子、あ!(警告)、No!、バイバイ

散歩、留守番、お水、雨、シーシー、ウンウン、お庭

センセイ(訓練士の先生が大好きだった)
XXセンセイ(この言葉で動物病院に直行した)
猫、鳥、うさぎ、おじちゃん(夫のこと。単身赴任が長かったので)、お友達

ちょうだい、もってこい
チューチュー(音がチューチュー鳴るおもちゃ)
スリッパ

...あと、なんだろう。思い出せない。
犬に文法はなかっただろうが、これらを組み合わせて理解できた。「お庭でシーシー」「チューチュー持ってこい」「スリッパもってこい」「おじちゃんが食べてるよ」等々

言葉じゃなくて、何か特別なやり方があったのかもしれない。トリーは私の言うことをかなりわかっていたし、言う前の思考までわかっていた。
おやつを前に、Stayをかけて、「よし」と言わなくても、目に柔らかい表情をにじませるだけで、食べ始めたし、「まだだよ」と言わなくても、ピリッとした雰囲気を出すだけで、ずっとStayしてた。
散歩中、進行方向にある横断歩道の信号が青の点滅になって、「あ、渡りたいな」と、心の中で思うだけで、小走りしてくれた。
トリーは私に以心伝心だったね。
私は世の中で一番トリーのことをわかっていた人間だけど、それでも全然わかっていなかった。
前から体がおかしかったんだね。頭も痛かっただろうね。めまいもあったろうね。
お前がいつも変わらず食いしん坊で元気でいてくれたから、こんなおもしろい楽しい子が悪い病気だなんて考えもしないで、お前に甘えていたよ。

<< トリー闘病5 〜4月30日まで〜 トリー闘病3 〜普通の毎日〜 >>