空につながるための家

ラビータエベラ

前に働いていた職場で出会ったご夫妻、ブラジルに帰国されて、もうご高齢で、にっこり笑ってまた会いましょうってお別れしたけれど、もうお会いできないんだろうと思っていた。
私は奥様にかわいがっていただいたのだが、本当に聡明で、偉い人からメイドさんまでみーんなに変わらずおやさしくて、誠実で、かわいらしくて、お料理上手で....私の憧れの女性で、お別れするときは悲しくて。。
でも、来日するってご連絡をいただいて、お昼をご一緒した。
こんなことってあるんだなあ。うれしいなあ。

f0064818_20404353.jpg
お忙しかった現役生活の後でのあちらでのゆったりとした暮らし、日本でのたくさんのご友人との再会、世界でご活躍されているお子様達の近況...ご主人がしみじみと、ラビータエベラ...って繰り返された。
??とぽかんとしていると、奥様が、「人生は美しい」ですよって教えてくださった。
ああ、イタリア映画でありましたねって言ったら、soraieさんは、どんな話題を投げてもちゃんと返ってくるね、よく学んできたねって、そんな風にほめてくださって、子供のようにうれしかった。
最後に、あの懐かしいハグをいっぱいしてくださってまたお別れした。
人生は何があるかわかりませんから、またお会いできるかもしれませんねって、いたずらっぽく笑われていた。

ラビータエベラ、ラビータエベラ...人生が無意味に思えたとき、自分が情けなく無価値に思えたとき、おまじないに唱えよう。

<< 芹が谷公園 また掘ってるし!! >>