空につながるための家

生えてきた!

f0064818_13414382.jpgといっても増毛法ではなく新芽。
昨春に取り寄せたバラの苗、晩秋に最後の花を終えて初めての剪定を行いました。
「誰でもわかる初めてのバラ作り入門」的な本を読み漁ってはみたものの、どこでどう切ってよいのかわからない。本のとおりにガンガン切り詰めてしまうのが恐ろしく、結局中途半端になってしまいました。
その後他所のお宅のバラの鉢をみるとかなり強く剪定してあり、ああ、失敗した、でも本に書いてあるような「虐待」をしてちゃんと芽がでるんだろうか、と悶々としていました。

いやあ、ちゃんと芽吹くものなんですね。
グラハム・トーマス、アイスバーグ、アンドレ・ル・ノートル、クイーンズマザー、ミニバラのヘナもみんな立派に新芽をつけてモシャモシャッと葉っぱを出し始めました。
同じ時期に適当に刈り込んだヒメウツギもちゃんと生きてました。
こんなことしてたら樹形がどんどんおかしくなるんだろうな、と将来に一抹の不安を感じながらも、とりあえず今年の春は一安心。
今は五階のベランダの厳しい環境だけれど、来年の今頃は新居、日光がいっぱいあたるところに地植えにしてやるから、元気でグングン育ってくれよ、と念じます。

新居では60坪の土地に30坪の家が立つ予定、設計事務所のCさんのお話だと周りに緑がほとんどない環境のため、いっぱい木を植えて景色を作ってゆきましょう、とのこと、自分でちゃんと管理できるだろうか...数年後には半分が枯れ、半分が変な育ち方になりそう。。
by soraie | 2006-03-08 13:50 |
<< 暮らしぶりを表にするのは難しい... さゝま@神保町 >>